毎日仕事のある社会人がTOEICスコア900に到達するための勉強の仕方

TOEIC
TOEICを受けることになったけれど、どんな勉強をすればいいの?

 

という、特に社会人の方に向けてこの記事を書いています。

こんにちは。SKTと申します。子どものころから大の勉強嫌いでしたが、TOEICスコアは900を達成しました。

私が初めてTOEICを受けたときのスコアは500程度で、900に達するまでにおよそ2年かかっています。
日中は仕事がある社会人ですので、2年間の成果としては悪くはないと思っております。
もちろん、それなりに勉強時間は必要になりますが、勉強嫌いの私にできたことですから、
誰にでも達成できるというスコアであるのは間違ありません。
私がスコア900に到達した勉強法を、以下でご紹介します。

 

まずは公式問題集一冊でOK

TOEIC対策としての英語の勉強を始めるにあたって、まずはTOEIC公式問題集だけは必ず用意してください。
公式問題集を徹底的に使うことが、TOEIC高得点への最も確実な勉強法です。
この問題集はリスニングパート100問、リーディングパート100問からなる実際のTOEIC形式の問題が2回分収録されています。
また、制作は実際のTOEICを運営する団体(ETS)によるものなので、他のどんなTOEIC参考書よりも本番に近い内容です。

一冊だけで大丈夫なの? と不安になるかもしれません。
ですが、公式問題集は本番と同様の形式なので、TOEICで問われるすべての要素(リスニング、語彙、文法、読解等)を伸ばすことができます。
勉強時間が限られる社会人の方にとっては、この公式問題集を集中して勉強することが最も効率的な点数アップに結び付くと考えています。
ただし、公式問題集の解説を読んでもまったく理解できない! 全然わからない! という方はもう少し基礎から勉強する必要があるかもしれません。(後述します)

公式問題集の中でも難易度に差があり、本番よりもかなり難しいものや、
逆に本番よりも簡単すぎるものがあるという意見をamazonレビュー等で見かけます。
しかし、これから勉強を始める場合はこの点はあまり気にせず、まずは最新のバージョンを購入すれば問題ありません。

 

公式問題集の使い方―とにかく繰り返す―

公式問題集はとにかく繰り返し問題を解くことが大切です。
何度も同じ問題を解くことで、例えばリスニング問題なら最初の一語を聞いた時点でその後の全文が思い出せる、というように自然と内容を覚えられれば理想です。
その頃にはスコア800以上は十分に狙える状態になっていると思います。

記憶力によっぽど自信がある人以外、一度や二度問題を解いたくらいでは内容を忘れてしまいます。
理解できなかったこと、忘れたことは気に病まず、とにかく回数をこなしてみてください。

以下で、公式問題集の使い方をご説明します。

具体的な勉強方法-まずはテスト一回分を解く-

まずは収録された問題(200問)を指示通り時間を計って解いてみましょう。
制限時間が2時間、答え合わせに30分程度は必要になるかもしれません。休日に落ち着いた状況で挑戦するのをおすすめします。

正答率からTOEIC本番を受けた場合の予測スコアが算出できます。
思ったよりもずっと悪い結果かもしれませんが、気にする必要はまったくありません。
これでTOEIC対策の勉強を始める準備が整ったのですから。

早速、本番に向けた勉強に取りかかりましょう。

疲れている場合はしばらく休憩を挟んだり、あるいは翌日も休みなら思い切って次の日に始めてみてもいいでしょう。
ただし、問題をどのように理解してその解答を選んだか、を覚えている間に勉強を始める方が効果があると思うので、一週間以上日を空けるのはおすすめしません。

リスニングパートの勉強のしかた

リスニングパートで高得点を取るには、リスニング音声を繰り返し聞くのが最も近道です。

まずは、正解だった問題も含めて、解説に記載のスクリプト(台本)をよく読んでください。このとき、実際のリスニング音声を同時に聞いてみるといいでしょう。
次に、結果の分析に入ります。分析といっても、自分の実力を冷静に確かめることが目的なので、あまり難しく考えることはありません。

なお、ここからは、最初に問題を解いた時の結果は忘れてしまって構いません。
わからなかったけれど偶然正解だった、にはまったく意味がないので、くれぐれもすべての問題を確認してくださいね。

それぞれの問題を以下の2タイプに分けます。

1.スクリプト(台本)を読んでも意味がわからない。知らない単語や熟語が含まれていた。
2.スクリプトを読めば意味は理解できる。

スクリプトを読んでも理解できなかった問題については、語彙のチェックから始めます。
知らない単語や熟語は絶対に聞き取れません。
いくつかの単語の意味は解説に記載されていますが、できれば頻出の表現を調べておきましょう。
紙の辞書も悪くはありませんが、WEBの英和辞書や電子辞書を使うことをおすすめします。

語彙の確認が完了したら、スクリプトさえ読めば理解できた問題も含めて、リスニングの練習に入ります。
勉強ではなく、練習です。すべての問題のリスニング音声を何度でも繰り返し聞くだけなので、やることは非常にシンプルですね。

実はリスニングの練習こそが、TOEICスコアはもちろん、英語力そのものを非常に効率よく伸ばす方法なのです。

リスニングを練習するときは、弱く発音される前置詞なども含めて全文を完璧に聞き取ることを目指します。
同時に、言葉の意味を頭の中で理解するようにします。これによって、知らなかった単語や熟語も徐々に記憶されていきます。
つまり、リスニングの練習ではありますが、同時に語彙の強化も狙うことができるわけです。
TOEICの問題に含まれる単語や熟語表現はかなりパターン化されているといわれています。
ですので、TOEICに必要な語彙は公式問題集から身につけてしまうのが最も効率的だと思います。

リスニングに関しては、音声をスマホ等に保存して通勤途中でも練習することができます。
自宅にいるときなら、リスニング音声にあわせて発音してみる(シャドウイングと言います)のをおすすめします。

社会人は色々な理由で勉強する時間が制限を受けるものです。
通勤途中のリスニング練習のように、必ず発生するすきま時間に勉強できる方法を用意しておくのがいいと思います。

リーディングパートの勉強のしかた

リーディングパートの勉強も、繰り返し問題に触れることで語彙を強化すると同時に英文読解に慣れるようにします。

まずは、リスニングパートと同様に解説を読みながら問題を分析しましょう。
正答だった問題も含めて、わからない単語や熟語は無いか、正確に意味を理解できていたかを確かめます。
リーディングパートは時間が足りなくて解答ができなかった、という問題も多いのではないでしょうか。

なので、長文読解のPART6と7に関しては、もう一度落ち着いて本文を読んで問いの答えを考えてから解説を読んでみるのをおすすめします。

問題の分析が終わったら、PART6と7の文章を読み込んで読解の速度と正確さを上げる練習をしてください。
最初は知らなかった単語や熟語でつまずいて、スムーズに読めないかもしれません。
しかし、何度も繰り返し読み込むことで、自然と記憶は定着していきます。

実は、リーディングパートに関してはそれほど勉強に時間を割かなくてもいいと思っています。
多くの場合、全体の勉強時間の3割程度で十分でしょう。残りの7割はリスニング練習に使うことをおすすめします。

単語集や文法書で勉強しなくていいの? と思われる方はいらっしゃると思います。
語彙に関しては長文読解の練習と同時に自然に身につけるほうが、記憶に残りやすいと思います。
また、文法問題の対策はTOEIC受験の直前に集中的に取り組む方が効率が良いと考えています。

ただし、あまりにも単語や文法がわからなさすぎて辛い、という場合はもう少し初歩の知識を身につけるほうがいいかもしれません。(後述します)

まとめ-語学はとにかく繰り返すことで上達します-

TOEICのスコアを上げるために大切なのは、質の良い問題をとにかく繰り返して、知識を定着させることだと思っています。
忙しい社会人だからこそ、公式問題集1冊に集中して勉強することで効率の良いスコアアップを狙えます。
色々な参考書を買って、どれも中途半端でやめてしまう、というのは最悪のパターンです。
まずはぜひとも公式問題集から始めてみてください。

公式問題集の解説が理解できない、単語もほとんどわからないという場合

ここまでは、公式問題集の解説は大体理解できる方を想定してご説明していました。
一方、そもそも解説に書かれていることが難しすぎる! という方もいらっしゃると思います。
その場合、公式問題集を使いながら、大学入試レベルの参考書で勉強されることをおすすめします。
基礎レベルの文法知識と語彙を身につけてしまえば、TOEICの勉強も一気にスムーズになるので、これについてはまた別の記事でご説明したいと思います。

公式TOEIC Listening & Reading問題集(4) 音声CD2枚付 [ Educational Testing ]

価格:3,024円
(2019/1/6 19:55時点)
感想(11件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました